自動車保険の弁護士特約を付けるメリットについて

自動車保険のサービスとして、弁護士特約が付帯されているものがあります。


弁護士特約が付いていると、いざ交通事故に遭ったときに、費用の心配をしなくても済むメリットがあります。

特約に関しては人身事故以外の物損事故のケースであっても利用することが可能で、当て逃げされたことや、駐車場で追突事故を起こされたことなどのケースでも相談ができます。

交通事故の被害に遭ったときには、加害者側が過失を認めなかったときに、弁護士を入れて話し合いをいなければならない事態に陥ることが考えられます。

特約があれば費用倒れになる心配をすることなく、面倒な作業と言える示談交渉をプロの弁護士に任せることが可能になります。

特約を利用して相手方と損害賠償や慰謝料の交渉を行ったときには、金額そのものが大きく上がる可能性があります。また、プロの専門家が手続きをスムーズに進めますので、問題の早期解決にもつながります。相手方の保険会社の担当者の要求どおりに交渉が進むことが無くなり、適切な慰謝料や示談金の相場に基づいて交渉ができるようになります。

弁護士が交渉をするときには、裁判基準による請求を行いますので、相手方の提示した金額と比較したときに2倍~3倍の金額になることは珍しくありません。

示談交渉というものは、大変な苦労を伴うものとなりますので、精神的な負担を受けます。プロの専門家に依頼することによって、手続きを任せることが可能となることで、被害者としては精神的な負担を軽減できるメリットが得られます。弁護士になるためには司法試験に合格しなくてはいけません。これは、かつての制度では数百人単位しか受からない難関でしたが、現在では2000人前後が合格する資格になっているので、ある意味軟化したと評価されるかもしれません。

しかし、かつての試験と比較すると、問題レベル自体が向上しており、より複雑な事案に即した回答を求める事例問題形式になっています。

また、法科大学院を卒業するか予備試験に合格した者しか受験資格が与えられないので、かつてと比較すると受験者の平均レベルは底上げされたと評価できます。
そのため、合格者の増加は質の低下を意味せず、司法試験は十分難関試験です。

この試験に受からなければ弁護士にはなれないので、普段の勉強は試験に合格することを目的としたものでなくてはなりません。

法律は、細かい論点がある分野もありますが、そのような論点のすべてが試験的に重要な個所ではないこともおおく、何でも深いところまで学習すればよいという訳ではありません。
そこで、効率的に学習するためには、予備校の口座や参考書を勝つ証すると良いでしょう。

予備校の本は、体系的に構成されているうえ、長年の受験指導からどの分野が重要なのかといったランク付けをして、参考書の分野の所に記載しています。

そのため、重要だとされている所を重点的に攻めていけば、効率的な知識習得が可能になります。

弁護士になるためには、このような地道な努力が必要です。


昔は弁護士に相談をするのは一部の人達だけだと言うイメージがあったのですが、最近では気軽にそういった人達に相談をする人が沢山います。

それだけ身近なトラブルが増えたこともあるのですが、弁護士が年々増えているので気軽に相談できるように工夫しているところが多いのも原因の一つとなっています。


例えば相続の問題で自分が亡くなった時に家族間で遺産について揉めるのを防ぐために遺言書を遺す人が増えています。

一昔前であれば一部の富裕層以外は遺産のことでそれほど家族間で揉めると言うようなことはありませんでしたが、最近では家1軒あればそれだけで揉めてしまうケースもあります。
それだけ家族間の関係が希薄になっているとも言えますが、もし遺産のことで揉めてしまうとそれが解決した後でもしこりが残ってしまう場合があります。

そのようなことになったら遺産を残した人はたまったものではないので、そういったことを防ぐために遺言書を遺す人が増えているのです。

しかし遺言書の書き方については民法に規定があるので、間違った書き方をしてしまうと無効になってしまうこともあります。



それを防ぐためにもきちんと遺言書は書かなければなりませんが、民法の規定について良く分からない人も沢山います。

そういった人達のために無料で遺言書の書き方について教えてくれる弁護士事務所もあるのです。


このように一昔前までは特別な存在のように感じていた弁護士も、今では身近な存在になりつつあるのです。

突然、車をぶつけられて交通事故に遭った場合、救急車と警察はすぐに来てくれて、救急隊はけが人を運んでくれます。
とてもありがたい存在です。

警察は、事故現場を検証して、書類を作成して、そして、道路を元通り安全にして帰っていきます。

そのとき、ふと思うことは、相手方に誰がどうやって交通事故の賠償金をもらうかです。

相手方が保険に入っている場合には、相手方の保険会社が、示談金の相談にやってきます。


しかし、相手方が無免許や保険に入っていない場合は、誰が相手からお金を取ってくれるのでしょうか?答えは誰も取ってくれません。すべては怪我をした自分で行うのです。
それを知ると、びっくりする人がいますが、本当のことです。

警察は道路交通法によって、事故現場を記録して、違反を起こしたほうを処罰します。



しかし、相手から交通事故の賠償金を取るのは仕事外です。

あくまでもそれを行うのは、怪我をして痛かったであろう怪我をさせられた本人です。
仕事はできないし、もしかしたら重い後遺症が残るかも知れません。



本人は怪我をしていることが多いので思うようには動けません。

そんなときにありがたい存在が弁護士です。

弁護士は、怪我をした本人に依頼されれば、警察の事故調書を見て、怪我をした依頼人に代わって相手を訴え、裁判にし、勝って、賠償金を受け取ります。

弁護士の仕事は、本人の代理人になって法律行為をしながら動けることです。

自分の代わりになる安心できる弁護士を知っているとよいのです。弁護士を頼んで、相手方と交渉をしてもらい、それでも示談にならなかった場合、こちらの了承を得て裁判ということになります。

裁判になると、まず最初に弁護士から送られてくる書類が訴状です。訴状は簡単に言えば、法律上の宣戦布告です。

訴状を裁判所に提出し、受理されることにより、相手方を裁判所に呼び出して、裁判を行います。

そのため、訴状には、原告であるこちらの住所氏名と、被告人となる相手方の住所氏名の記載、どういう理由で呼び出すのか、そのときの根拠となる条文は何法の何条で、ということが書かれ、そのときの証拠は何を使うのか?ということなどが書いてあります。
これができたらまず最初に目を通すことです。


その結果、ある程度先生がどんな風に訴えて、闘おうとしているのかがわかります。


それらを必ず目を通すことが大切です。
なぜなら、先生が、忙しくて忘れている証拠や大切なこちらの主張が抜けている場合があるからです。

そのようなことがないようにするために、それらの訴状の内容には目を通して、わからないことがあれば依頼した先生に質問することが大切です。
それらをしないと、弁護士も人の子です。依頼人が人任せになっている案件よりも、熱心に聞いて、全体を見守っているような依頼人に対して一生懸命に働こうとするからです。

そのため、裁判にするということになっても、なかなか、訴状を作成せずに、棚上げされて、あっという間に、1年が経ってしまうこともあります。

そうならないように、こまめに弁護士事務所から連絡をくれるような先生を選ぶとよいです。